JX日鉱日石エネルギーは、7月1日に韓国・ソウル市に同社全額出資の現地法人「JX Nippon Oil & Energy Korea Corporation」を設立すると発表した。

同社は韓国において、SKグループとの2007年1月の戦略的業務提携に基づき、潤滑油ベースオイルとパラキシレンの合弁事業を予定している。また、GSカルテックス社との合弁会社「パワー・カーボン・テクノロジー社」では、7月にリチウムイオン電池用負極材の商業生産開始を予定するなど、複数の事業を展開している。

同社では、今回の海外法人の設立で、中期経営計画の柱の一つとしても掲げている、アジア内需取り込みを中心とした海外事業の強化を図っていくとしている。