7日午前7時35分ごろ、香川県観音寺市内の県道で、交差点を進行していた大型スクールバスと乗用車が出会い頭に衝突する事故が起きた。この事故で小学生3人と幼稚園児1人が打撲などの軽傷を負っている。

香川県警・観音寺署によると、現場は観音寺市大野原町萩原付近で片側1車線の直線区間。交差点には信号機が設置されている。スクールバスは観音寺市が運行しているもので、事故当時は現場近くにある小学校に通う児童17人と、幼稚園に通う園児3人、男性運転手と添乗員の女性が乗車していた。バスは信号に従って交差点へ進入したが、交差進行してきた乗用車と出会い頭に衝突した。

双方の車両は中破。バスに乗っていた児童3人と園児1人が打撲などの軽傷。乗用車を運転していた愛媛県四国中央市内に在住する45歳の男性にケガはなかった。

警察では乗用車側が信号を見落とした可能性が高いとみて、事故発生の経緯を詳しく調べている。