JX日鉱日石エネルギーは、大阪市のサービスステーション(SS)において、6月7日から8日にかけて、軽油の混入したハイオクガソリンを販売していたことが判明したと発表した。

混入事故があったのは、同社関西支店管下のガソリンスタンド「平野町サービスステーション」。6月7日8時45分頃から6月8日8時40分頃にかけて、21台の車に軽油の混入したハイオクガソリンが給油された。

原因は、同SSで7日6時35分から開始したハイオクガソリンタンクへの荷卸しの際、燃料油輸送会社の手違いにより、誤って軽油を荷卸ししたことによるもの。

JX日鉱日石エネルギーでは、該当ユーザーに対し、抜き取り交換を実施するとともに、事故再発防止の対策を講じる。