トヨタ86の北米仕様、サイオンFR-S

トヨタ自動車とスバル(富士重工)が共同開発した新型FRスポーツカー、『86』と『BRZ』。5月に米国で発売されたばかりの両車が、早くもリコール(回収・無償修理)を届け出た。

リコールといっても、車両本体の不具合ではない。オーナーズマニュアル(取り扱い説明書)に不備が見つかったのだ。

米国NHTSA(運輸省道路交通安全局)によると、米国トヨタ販売から4日、サイオン『FR-S』(日本名:トヨタ86)に関して、リコールの届け出があった。その内容は、オーナーズマニュアルのフロントエアバッグに関する部分で、米国の安全基準に抵触する誤った記述が発見されたという。

このオーナーズマニュアルのエラーは、スバルBRZも同様。米国トヨタ販売によると、サイオンFR-Sの米国向け初期ロット、1156台がリコールの対象。両社は、正しいオーナーズマニュアルと交換する対応を取る。

スバルBRZ(米国仕様)