シボレー・ボルト

GMが2010年末、米国で発売したプラグインハイブリッド車(PHV)、シボレー『ボルト』。同車がデビュー以来、初の改良を受けた。

これは7日、GMが明らかにしたもの。2013年モデルのボルトが発表されたのだ。

2013年モデルのハイライトが、バッテリー(二次電池)の容量アップ。蓄電容量は従来の16kWhから16.5kWhへ、0.5kWh増やした。

この結果、EVモード時の航続距離が拡大。モーター単独で走行可能な距離は、従来の56kmから5km伸びて、61kmとなる。

また、米国EPA(環境保護局)が定める計測法に沿ったEVやPHV独自の燃費表示、「MPGe」は、従来の94MPGe(約40km/リットル)から98MPGe(約41.7km/リットル)に向上。エンジンを併用した際の最大航続可能距離は、612kmにアップした。

一方、バッテリー容量拡大により、充電時間は若干伸びた。GMによると、充電時間は120Vソケットで約10時間30分、240Vソケットで約4時間15分だという。

シボレー・ボルト シボレー・ボルト シボレー・ボルト