歴代BMW3シリーズ(参考画像)

プレミアムブランドのナンバーワンの座をかけて、競合メーカーと激しい販売競争を繰り広げているBMW。同車の野心的な新型車計画が、明らかになった。

これは3日、BMWのファンサイト、『E90POST』が伝えたもの。同サイトが、BMWが過去2年間に商標登録したとされる車名やグレード名を独自入手し、約70もの名前を一挙に公開したのだ。

注目は、BMWの高性能車部門、Mの充実ぶり。同サイトによれば、『M1』『M2』『M7』『M10』というネーミングが商標登録されているという。

またSUVでは『X2』『X4』というネーミングも。『2シリーズ』という名前も見受けられる。

さらに、BMWが電動化技術に特化して立ち上げた新ブランド、「i」では、『i3』と『i8』に加えて、『i1』から『i9』まで、全ての数字が並ぶ。

もちろん、これらのモデル名が全て市販されるわけではない。しかしBMWが、車種ラインナップのさらなる拡大を目指しているのは、間違いないところだろう。

BMWが過去2年間に商標登録した70もの名前をスクープした『E90POST』