デルタウイング

日産自動車は、6月16日・17日の両日、日産グローバル本社ギャラリーで、「ル・マン24時間レース パブリックビューイング(PV)」を開催する。

当日は、ギャラリー内の映像モニターで、J SPORTSの生中継を見ることができる。

今回のル・マンでは、日産自動車は、LMP2クラスに参戦する全21台のレーシングカーのうち、14台にエンジン供給。うち1台は、元F1パイロットのマーティン・ブランドルと息子のアレックス・ブランドルがGTアカデミー卒業生のルーカス・オルドネズと共に参戦する。

また、実験的なプロジェクト「Nissanデルタウィング」では、マリーノ・フランキッティ、ミハエル・クルム、本山哲が参戦。Nissanデルタウィングは、使用する燃料とタイヤを従来の半分程度にとどめながら、24時間のレースを走りきるという、これまでにない戦い方で耐久レースに臨む。

ルマンの舞台で初テストに挑む日産デルタウイングの新世代レーサー(動画キャプチャー) 写真:左から、マリーノ・フランキッティ/ミハエル・クルム/本山 哲 デルタウイング デルタウイング デルタウイング デルタウイング デルタウイング デルタウイング 日産グローバル本社ギャラリー