エンジン累計生産が300万基に到達したBMWグループの英国ハムズホール工場

BMWグループは6日、英国ハムズホール工場のエンジン生産台数が、累計300万基に到達したと発表した。

同工場では、過去10年以上に渡って、BMW用の4気筒ガソリンエンジンを製造。2006年からは、MINI用の1.6リットル直列4気筒ガソリンエンジンも生産している。

同工場で組み立てられたエンジンは、英国オックスフォードで生産するMINIに搭載されるほか、ドイツやオーストリアなど、海外へも出荷。『X1』、『1シリーズ』、『3シリーズ』などに搭載され、世界のおよそ100か国で販売される。

ハムズホール工場のニック・スペンサー工場長は、「今日は記念すべき1日。800名の従業員は、BMWグループのグローバル生産ネットワークにおいて、重要な役割を担っていることに誇りを感じている」と述べた。

BMW3シリーズ エンジン《撮影者 松下宏》 新型BMW 3シリーズセダン BMW 1シリーズ(参考画像) BMW 1シリーズ エンジン《撮影 松下宏》 BMW・X1(2013年モデル) X1 エンジン