4日午後8時20分ごろ、大分県大分市内の国道197号で、パトカーの追跡を受けていた乗用車が一時停止を無視して交差点へ進入。交差進行してきた別の乗用車と出会い頭に衝突する事故が起きた。この事故で3人が負傷。警察は逃走車の運転者を現行犯逮捕している。

大分県警・大分中央署によると、大分市日吉町付近の市道をパトロールしていた同署員が、無免許運転で手配中の男が運転している乗用車を発見。停止を命じたが、クルマはこれを無視して逃走した。

パトカーはただちに追跡を開始。逃げるクルマは約1km先の国道197号交差点に一時停止を無視して進入。左方向から交差進行してきた乗用車と出会い頭に衝突した。双方のクルマは中破し、交差側のクルマに乗っていた3人が軽傷。警察は逃走車を運転していた同市内に在住する31歳の男を道路交通法違反(一時停止違反)の現行犯で逮捕している。

調べに対して男は「逮捕され、免許取り消し区間が伸びるのが嫌だった」などと供述。警察では日常的に無免許運転を繰り返してきたものとみと、道交法違反(無免許運転)と自動車運転過失傷害容疑でも調べを進める方針だ。