シャープが発売する放射線センサモジュール「QM1H0M005x」《撮影 椿山和雄》

シャープは6日、業界最小サイズの放射線センサモジュールを開発・発売すると発表した。業界最小の消費電力7.5mW(通常動作時)も実現し、スマートフォンなどのモバイル機器への搭載を可能としている。

同社が発売する放射線センサモジュール「QM1H0M005x」では、空中の放射線(ガンマ線)を検出する専用ICを新開発。フォトダイオードの微弱な電流を増幅し、振動や衝撃などの外来ノイズを除去して、正確な検知を可能にするという。

汎用の部品で構成した場合に比べて約55%の小型化を実現し、放射線の測定機能を搭載するモバイル機器の開発に貢献するとしている。

サンプル価格は1万500円。サンプル出荷時期は6月29日で、量産時期は8月31日、月産個数は2万個を予定している。

シャープが発売するスマートフォン「PANTONE 5 SoftBank 107SH」にも放射線測定機能が搭載された《撮影 椿山和雄》 シャープが発売するスマートフォン「PANTONE 5 SoftBank 107SH」にも放射線測定機能が搭載された《撮影 椿山和雄》 シャープが発売するスマートフォン「PANTONE 5 SoftBank 107SH」にも放射線測定機能が搭載された《撮影 椿山和雄》 シャープが発売するスマートフォン「PANTONE 5 SoftBank 107SH」にも放射線測定機能が搭載された《撮影 椿山和雄》 シャープが発売するスマートフォン「PANTONE 5 SoftBank 107SH」にも放射線測定機能が搭載された《撮影 椿山和雄》 シャープが発売するスマートフォン「PANTONE 5 SoftBank 107SH」にも放射線測定機能が搭載された《撮影 椿山和雄》