メルセデスベンツ Cクラス(参考画像)

日本自動車輸入組合が6日発表した5月の輸入車新規登録台数は、前年同月比8.2%増の2万0814台となり、2か月ぶりに前年同月を上回った。

外国メーカー車は同20.3%増の1万7584台となった。メルセデスベンツやBMWなど、主要ブランドが順調に推移した。

日本メーカーの海外生産車は同30.2%減の3230台と大幅なマイナス、トヨタは好調だったが、日産が同41.9%減と不振だった。

車種別では乗用車が同9.0%増の1万9871台。貨物車は同7.4%減の937台だった。

BMW・3シリーズ《撮影者 松下宏》 VW・ポロ(参考画像)