東芝グループ第5次環境アクションプラン

東芝グループは、環境調和型製品の売上高目標を2011年度の約6倍とするなど、2012年度〜2015年度までの具体的な環境目標値を設定した「東芝グループ第5次環境アクションプラン」を策定した。

第5次環境アクションプランでは、2015年度の主な目標として環境性能ナンバー1の環境調和型製品「エクセレントECP」による売上高を2011年度の約6倍となる1兆8000億円、エネルギー供給製品の売上高を2011年度の約1.5倍となる1兆9000億円を目指す。

また、事業所を基点とした地域連携・生態系ネットワークの構築による生物多様性の保全、従業員による地域・世界への環境コミュニケーションのグローバル展開、環境教育・人材育成を新たな項目として加えた。従業員の環境マインド向上を推進する「東芝ecoスタイルリーダー」を2000人育成することなどの目標を設定、環境に配慮した企業活動をさらに強化する。

同社は、グローバルトップを目指す企業として海外事業展開を加速させていく中で、事業経営と環境経営を一体化させ、持続可能な社会の実現に貢献するとしている。

東芝グループ第5次環境アクションプラン