BMW・6シリーズ グラン クーペ《撮影 瓜生洋明》

5日に発売されたBMW『6シリーズ グラン クーペ』。エレガンスさとスポーティさ、快適性を兼ね備えたBMW初の4ドアクーペとして、満を持して登場したモデルだ。

「エクステリアでは、サイドから見たデザインがこのモデルの特徴をよく表しています」と語るのはBMW マーケティング・ディビジョンプロダクト・マネジメント プロダクト・マネジャー岡田信之氏。「長いエンジンフード、キャビンから後方に優雅に流れるルーフラインは2ドアクーペとは異なるエレガンスさを感じて頂けると思います。また、後ろまで伸びたサイドウィンドウが後席の広さと開放感を表現しています」と話す。

フロントデザインについては、「低く構えたワイドなキドニーグリルと、左右に大きく開いたエアインテークが低重心でワイドなスタンスを強調、左右のLEDフォグランプから内側に伸びるL字型のクロームのバーがフロントデザインに更なる立体感を与え、キドニーグリルを際立たせています」と説明した。

インテリアについては、「ドライバーの操作性を考慮するとともに、運転への気持ちを高めるデザイン」とその特徴を語った。センターコンソールからインストゥルメントパネルに向かって上昇していくラインや、フロントからリアに流れるドアトリムのラインには躍動感が与えられているほか、エルゴノミクスが考慮されたコックピットのデザインは、重要な操作系がドライバーの手に容易に届く範囲に配置されたものとなっている。

また、後席は『6シリーズ クーペ』から115mm拡大されたホイールベースにより、大人が快適に過ごせる室内空間を実現している。リアシートはスポーティなデザインと高いサポート性を併せ持つ左右独立タイプとしながらも、後席中央にもシートベルトおよびシートクッションを装備、最大3名が後部座席に乗車することができる。このほか、分割可倒式シートを採用したことにより、最大1265リットルのトランク容量を確保している。

価格は、640i グラン クーペが986万円、650i グラン クーペが1257万円。

BMW・6シリーズ グラン クーペ《撮影 瓜生洋明》 BMW・6シリーズ グラン クーペ《撮影 瓜生洋明》 BMW・6シリーズ グラン クーペ《撮影 瓜生洋明》 BMW・6シリーズ グラン クーペ《撮影 瓜生洋明》 BMW・6シリーズ グラン クーペ《撮影 瓜生洋明》 BMW・6シリーズ グラン クーペ《撮影 瓜生洋明》 BMW・6シリーズ グラン クーペ《撮影 瓜生洋明》 BMW・6シリーズ グラン クーペ《撮影 瓜生洋明》 BMW・6シリーズ グラン クーペ《撮影 瓜生洋明》 BMW・6シリーズ グラン クーペ《撮影 瓜生洋明》 BMW・6シリーズ グラン クーペ《撮影 瓜生洋明》