ミネベア、防衛・航空宇宙事業の工場を新設

ミネベアは、防衛・航空宇宙事業の拡充のため、新たに松井田工場(群馬県安中市松井田町)の敷地内に延床面積約9000平方mの専用工場を新設すると発表した。

新工場建設に伴って手狭となっていた大森工場(東京都大田区)は閉鎖する。

同社は、大森工場で防衛省向け航空機や艦船用装備品などの特殊機器、民間航空機用の特殊モーターやアクチュエーター、産業機器用のブラシレスモーターや高圧ブロワ、電磁クラッチ・ブレーキなどを生産している。こうした製品群のうち、特に航空宇宙向け製品の需要は、国産ロケット向けや新型航空機向けが堅調に推移しており、将来に向けた開発・生産能力の整備が必要となっていた。

ただ、大森工場は拡張余地がなく、現有建物の老朽化が進んでいることなどから、敷地に余裕のある松井田工場内に防衛・航空宇宙向け製品に特化した専用工場を建設し、大森工場から生産を移管する。産業機器向け製品は、藤沢工場(神奈川県藤沢市)に開発・生産拠点を移し、計測機器事業部や複合製品事業部の技術部門との連携を強化する。

軽井沢工場は、航空機・宇宙機器に使用される特殊材料を精密加工する技術を保有している。特機事業部の特徴であるメカニクス、エレクトロニクス、空気・ガス圧、制御をシステム的に統合して信頼性の高い製品にまとめあげる能力と組み合わせることで、防衛・航空宇宙事業の拡充を図る。

新工場は今年10月に着工、2013年10月に完成する予定。