日産ヴァーサ・セダン

日産自動車の米国法人、北米日産は1日、5月の米国新車販売の結果を明らかにした。総販売台数は9万1794台。前年同月比は20.5%増と、大幅な増加となった。

日産ブランドの乗用車系では、主力車種の『アルティマ』が新型の発売を控えて、前年同月比11.1%減の2万2690台と後退。しかし、『ヴァーサ』(日本名:『ティーダ』)が、80.3%増の8643台と、販売を大きく伸ばす。『ジューク』も66.2%増の3298台と好調だ。

ライトトラック(SUV/ピックアップトラック/ミニバン)系では、小型SUVの『ローグ』が1万1977台を販売し、前年同月比は72%増を記録。大型ピックアップトラックの『タイタン』も、前年同月比86.7%増の2166台と支持を集める。ミニバンの『クエスト』も、106.4%増の1802台を売り上げた。

インフィニティブランドでは、主力の『Gセダン』(日本名:日産『スカイライン』)も、前年同月比40%増の3758台。新型クロスオーバーの『JX』は、2678台と良好な立ち上がりを示す。

5月の販売結果を受けて、北米日産のアル・キャスティグネッティ副社長は、「燃費性能の高いヴァーサやジューク、ローグを中心に、5月は素晴らしい結果を残した」とコメントしている。

日産 ローグ 日産 ジューク(北米仕様) インフィニティJX インフィニティG(日本名:日産スカイライン)