「BluEarth」カラーのEVマシン

横浜ゴムは4日、7月8日にアメリカ・コロラド州で開催されるヒルクライムレース「2012パイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライム」にオリジナル制作のEVレーシングカー(電気自動車)で参戦すると発表した。

チーム名は「チーム・ヨコハマ・EVチャレンジ」。タイヤは低燃費タイヤ「BluEarth-A」を装着、ゼロエミッションレーシングカーと低燃費タイヤの組み合わせでレース参戦を行う。

同社の参戦は4年目で、2010、2011年と2年連続でEVの最速記録更新を達成している。ドライバーはこれまで同様、世界的なオフロードレースで活躍する塙郁夫選手を起用。車両は昨年、最速記録を大幅に更新した「BluEarth」カラーのEVを使用する。

また、今年は同じくEVクラスに参戦する哀川翔監督の「Show Aikawa World Rally Team」をサポート。同チームに「ADVAN A048」を供給する。

装着タイヤの「BluEarth-A」