三菱重工業のリチウムイオン二次電池パックを搭載した電気バス

三菱重工業は4日、カナダ・マニトバ州で州政府および地元企業・大学と共同で開発を進めてきた電気バスの実証車両が完成、現地で一般公開したことを発表した。

実証車両には、同社の電力保持特性に優れたリチウムイオン二次電池パックを搭載。今後は、同州都ウィニペグ市内の公道において2年間の走行試験を実施する。

一般公開を記念して1日、マニトバ州議事堂前で開催された式典には、マニトバ州政府のグレッグ・セリンジャー首相臨席の下、同社を含むプロジェクト参加各社・機関の代表者など多数が出席した。

今回のプロジェクトは、2010年12月に同州政府と締結した、先進的な低炭素社会づくりのための協業の覚書に基づくもの。第一弾として、同社は2011年4月から、州政府に加え、現地大型バスメーカーのニューフライヤー・インダストリーズ・カナダ、マニトバ電力およびレッドリバーカレッジとともに、リチウムイオン二次電池を搭載した電気バスと充電技術の開発・実証プロジェクトを進めてきた。

今後は、実証運行などを通じて電気バスの寒冷地での適合性を検証するほか、リチウムイオン二次電池などの電動パワートレインを活用した交通の電化促進や充電インフラの整備などを検討していく。同社では、北米電気バス市場向けにリチウムイオン二次電池を普及させていくうえで大きなステップとなるとしている。