フォルクスワーゲングループの新人事を発表するマルティン・ヴィンターコルンCEO

欧州の自動車メーカー最大手、フォルクスワーゲングループは2日、新たな役員人事を発表した。

今回の新人事のハイライトは、中国担当役員のポストを新設したこと。中国事業の強化を狙い、中国担当取締役として、これまで同社の商用車部門のトップだったジョケム・ヘイズマン氏を起用する。

フォルクスワーゲンは2011年、中国で約230万台を販売。2011年の通期決算では、中国市場から26億ユーロ(約2500億円)もの営業利益を引き出した。中国担当取締役にジョケム・ヘイズマン氏を起用することで、中国市場でのさらなる販売増と収益性向上を目指す。

フォルクスワーゲングループのマルティン・ヴィンターコルンCEOは、「今回の人事は2018年までに、世界ナンバーワンの自動車メーカーになる目標達成に向けて、重要な役割を持つ」と述べている。

北京市内にあるVWディーラー《撮影 瓜生洋明》 VW(上海モーターショー11)《撮影 三浦和也》 VWの中国主力セダン、ラビダ