日産・LEAF to Home

オークネットは、「電気自動車(EV)に関する意識調査」を実施、その結果を発表した。調査期間は5月1日〜21日で、インターネットにより全国の男女1019名から回答を得た。

EVへの興味・関心については62.8%が「興味ある」と回答。「興味がない」はわずか7.1%にとどまった。さらに61.6%が「EVが次回の購入検討対象に含まれる」と回答した。

EVが購入検討対象になると回答した消費者が、購入時に最も重要視する点は「価格」で49.2%、「充電設備の充実度」が27.4%で続いた。

購入する際に妥当だと考える価格帯は「100〜150万円」が37.9%、「150〜200万円」が37.3%。充電設備の設置場所では「自宅」が45.9%で最も多く、以下、「ガソリンスタンド」が23.4%、「コンビニエンスストア」が20.5%で続いた。

充電の待ち時間については、全体では「5〜10分以内」が33.9%で最多だったが、自宅にあったら良いと考える消費者に限ると「20〜30分以内」が32.6%で最多となった。

電気自動車に対する興味 EV車両の妥当価格