スズキ、英国女王即位60周年祝典で55台のボートに船外機供給

スズキの英国販売子会社スズキGBは、6月3日にロンドンのテムズ河で行われた英国女王即位60周年祝典の水上パレードに参加した団体「シー・キャデッツ」に、4ストローク船外機『DF2.5』を55台供給した。

シー・キャデッツは英国の少年少女のマリン教育を担う非営利団体で、スズキGBは2010年よりパートナーとして同団体に船外機の供給を行っている。DF2.5は排気量68ccの4ストロークエンジンを搭載したスズキの船外機ラインアップで最軽量となるモデル。

パレードは英国女王エリザベス2世の即位60周年を祝し、テムズ河のイベントとしては過去最大となる総勢1000隻以上の船が全長約11kmを進んだ。

スズキの船外機を搭載した55隻のボートは、英国連邦から集まった12〜17歳の少年少女を乗せて、60周年祝典(ダイヤモンド・ジュビリー)を象徴するダイヤモンドの隊列を組み、女王陛下夫妻および英国王室一家が乗船した母船を先導する形でテムズ河をパレードした。

当日、テムズ河の両岸には100万人の市民や観光客が集まり、女王陛下の即位60周年を祝福した。

スズキ、英国女王即位60周年祝典で55台のボートに船外機供給