47thSHCCミーティングat大磯ロングビーチ開催《撮影 内田俊一》

3日、47回目を迎える“SHCCミーティングat大磯ロングビーチ”が開催された。主催は湘南ヒストリックカークラブ(SHCC)。

天気予報が大幅に外れ、快晴に恵まれた当日、会場には100台以上の参加車と、多くのギャラリーが来場、特に今回はF1の『ロータス 78』や、1968年の日本グランプリに出場した『ローラ T70』のデモランが見られるということもあり、いつも以上に賑わいを見せていた。

特にロータス78には、F1の予選出場経験もある桑島正美氏がドライブ。さすがに、パイロンスラローム等は行わなかったが、直線の往復やスピンターンなどを披露。直線での速さたるや目を見張るものがあった。また、桑島氏自身も最後にF1をドライブしてから30年以上たち、しかも、この日が初めて乗るマシンにもかかわらず、さらりと乗りこなしてしまうあたりは、流石であった。

そして、SHCCは昨年より、このジムカーナの収益金の中から、風評被害を被っている“ラビスタ裏磐梯”へ義援金を送っており、今回も15万円以上を寄付に充てることとした。これ以外にも、飲み物などの売上金額も東北で被災した方々を応援するミシンでお仕事プロジェクトに寄付を行った。このように、単独のクラブイベントながら、積極的に被災地支援を行っているのである。

次回のSHCCミーティングat大磯ロングビーチ開催は11月25日を予定している。

桑島正美氏がデモラン中のロータス・78《撮影 内田俊一》 ローラ・T70《撮影 内田俊一》 ロータス・23《撮影 内田俊一》 オスカ・MT4《撮影 内田俊一》 ポルシェ・914《撮影 内田俊一》 ポルシェ・911 よく見ると右前輪が浮いている。《撮影 内田俊一》 ここまでロールをしても設置を失わないルノー・4《撮影 内田千鶴子》 モーガン・4/4《撮影 内田俊一》 シボレー・カマロ《撮影 内田俊一》 スバル・360《撮影 内田俊一》 コルトギャラン《撮影 内田俊一》