トヨタ・プリウス

日本自動車販売協会連合会が発表した5月のブランド別新車登録台数によるとトヨタが前年同月比127.2%増の11万0714台となり、シェアが46.8%となった。

前年5月は、東日本大震災による新車供給遅れがあった影響で販売レベルが低かった。この反動と、エコカー補助金効果で各ブランドとも好調だった。国産ブランドではスバルと三菱自動車を除く全ブランドが前年を上回った。特にトラックブランドは高い伸び率となり、いすゞは三菱自動車を上回る7位となった。

1位:トヨタ 11万0714台(127.2%増)
2位:日産 3万2927台(17.4%増)
3位:ホンダ 3万1576台(48.3%増)
4位:マツダ 1万3193台(55.0%増)
5位:スズキ 7794台(43.4%増)
6位:スバル 5492台(2.3%減)
7位:いすゞ 3741台(127.0%増)
8位:三菱自動車 3486台(14.1%減)
9位:レクサス 3177台(77.6%増)
10位:日野 2952(173.8%増)
11位:三菱ふそう 2740台(206.5%増)
12位:UDトラックス 765台(136.8%増)
13位:ダイハツ 225台(110.3%増)

トヨタ・アクア《撮影 宮崎壮人》 トヨタ カローラ