日産自動車、ウサイン・ボルト氏とGT-Rを起用した広告キャンペーン

日産自動車は1日、グローバルに展開しているブランドキャンペーンの一環として、陸上100m世界記録保持者のウサイン・ボルト氏と『GT-R』を起用し、世界中の空港で広告キャンペーンを開始した。

「WHAT IF_」と名付けられたキャンペーンでは、人々をワクワクさせる日産のイノベーションを表現する、アイコン的な日産車や技術にスポットを当てて紹介する。

今回のキャンペーンに起用するボルト氏は、2009年からGT-Rのオーナー。自身にぴったりのすばらしいクルマだと評している。

ボルト氏とGT-Rを使った広告の第一弾は、1日から世界中の主要な国際空港で展開。加えて、フェイスブックに開設される専用グローバルファンページでは、GT-Rとボルト氏の深いつながりなど、多くのストーリーを配信していく。

ウサイン・ボルト氏の撮影風景