WECに参戦するアウディとトヨタのマシン

富士スピードウェイは1日、FIA世界耐久選手権(WEC)第7戦「富士6時間耐久レース」(開催日:10月12日〜14日)で、一般前売観戦券の特別先行販売を6月5日より開始すると発表した。

今回、販売を開始するのは自由席エリアの一般観戦券で、大人1名のシングル券が7000円(通常前売価格:7500円)と、大人2名のペア券1万2500円(通常前売価格:1万3500円)の2種類、どちらも土日2日間有効の通し券となる。

6月5日〜7月31日の期間は特別価格での販売となり、期間終了後は通常前売価格にて販売される。その他、各種観戦券(パドックパス・特別室券・各種指定席券等)は、8月7日より販売予定。

また、12日の練習走行日の観戦券は全て当日販売(大人1名:2000円)、中学生以下は保護者同伴に限り3日間共に一般観戦は無料となっている。

WEC第7戦、観戦券の特別先行販売を開始 WEC第7戦、観戦券の特別先行販売を開始 WEC第7戦、観戦券の特別先行販売を開始