ソーラーフロンティア 太陽光発電システム(イメージ)

ソーラーフロンティアは、米国アリゾナ州の大手電力会社であるウィルソン・エレクトリックを通じ、同州の1.5メガワット太陽光発電所にCIS薄膜太陽電池を設置した。

発電所は、米アリゾナ州プレスコット・バレーで市内の揚水、廃水処理の一部を担っている貯水と廃水処理施設での電力需要を補完するためのもので、プレスコット・バレー初の太陽電池となる。

今回の太陽光発電設備は、スマート・エナジー・キャピタルが出資して設置した。設備の運営開始によりハーベイ・スクーグ市の公営事業に再生可能エネルギーを使った電力が供給される。

今回、ソーラーフロンティアのCIS薄膜太陽電池が選ばれたのは、高いエネルギー変換効率に加え、高温下でも高い発電性能を発揮できるためとしている。

ソーラーフロンティアのCIS太陽電池モジュール