SM5「BOSE」

ルノーサムスンが韓国内で販売する主力車種としているのが『SM5』と『SM3』。SM3にはEVモデルもラインナップに加えるなど、力の入れ具合はハンパじゃない。そんな中、展示されたSM5とSM3に「BOSE」エンブレムを装着した車両を発見。その内容をチェックしてみた。

SM5は2代目『ティアナ』にも使われている日産・ルノーグループのDプラットフォームをベースとした上級セダンで、2010年1月に発売された。全長4885mm×全幅1830mmのの堂々としたプロポーションを持ちつつ、流麗なスタイリングとしたのが特徴だ。

SM5「BOSEバージョン」に搭載されていたシステムは、ダッシュボード中央に8cm口径スピーカーと、前後左右の4枚のドアに8cm口径ツィーターなど全10スピーカー搭載のハイグレードなバージョン。これらを駆動する10chデジタルアンプはリアトレイの真下、トランク側に設置されていた。

システムがインストールされている車内は要所にホワイトパネルを施した爽やかな雰囲気。センターコンソールに収められたオーディオの下には「BOSE」のロゴマークも見える。会場ではこの車種を使ってBOSEサウンドの真髄が体感できる音と映像を交えたお馴染みのデモも実施された。

一方、SM3は3代目のルノー『メガーヌ』をベースにしたミドルクラスセダンで、2009年4月のソウルモーターショーで発表された。こちらのBOSEシステムは、センタースピーカーがない少しシンプルなものとなる。それでも全9スピーカーをインストールし、10chデジタルアンプを組み合わせる高品質なもの。最量販車種とはいえ、上級志向の強い韓国マーケットに合わせたラインナップが準備されたようだ。

車種のグレードにBOSEバージョンが用意されているのは、世界的にも例がなく、フロントドアとリアエンブレムに「BOSE」のロゴを貼っているのもSM5とSM3だけだという。ちなみにルノーサムスンの「SMAUTOMALL」ではSM3のドアに貼られていたBOSEのロゴマークは9900ウォンで販売されている。

フロントドアには「BOSE」のロゴプレートが貼られる SM5「BOSE」のリアビュー SM5「BOSE」のフロント席。ホワイトパネルが爽やかな印象を与える SM5「BOSE」のシステム図。センタースピーカーを含む全10スピーカーが組み合わされた SM3「BOSE」 SM3「BOSE」のリアビュー SM3「BOSE」のドライバー席。ドアには白いリングに囲まれたスピーカーが見える SM3「BOSE」のリアトレイ真下、トランク側には10chデジタルアンプが備わる。SM5も同じ位置に配置される SM3「BOSE」のシステム図。サブウーファーを含めた全9スピーカーとなる