いすゞ自動車は31日、同社とソラーズと双日の3社が出資するソラーズいすゞの出資比率を引き上げると発表した。出資の引き上げは、販売の大幅な増加が望める同市場で、商用車の生産・販売の拡充を図る目的。

これまで、いすゞが29%、ソラーズが66%、双日が5%の出資を行っていたが、中期経営計画に基づくロシア事業再強化の一環として、ソラーズが保有する株式の一部を購入。いすゞの出資比率を45%まで引き上げる。

また、出資比率の引き上げと合わせて、いすゞから販売、財務、アフターサービス管轄役員をソラーズいすゞへ派遣し、販売網の再構築等を積極的に進める。

ソラーズいすゞは、2008年からトラックの生産をタタールスタン共和国のエラブガ工場で行ってきたが、今回、長期的な事業安定の視点からウリヤノフスク市に移転をすることも合わせて発表した。