カムリハイブリッド(北京モーターショー10)

トヨタ自動車の台湾における生産事業体である国瑞汽車(国瑞)は、台湾での車両の累計生産が200万台を達成するのを記念し、5月30日同社工場において記念式典を行った。

累計生産200万台達成にあたり、国瑞の星野晴秋総経理は、「台湾の皆様と共にお客様に喜んでいただけるクルマづくりに取り組んできた結果、累計生産200万台を達成した。2012年2月には、台湾で初めてのHV『カムリハイブリッド』の生産も開始しており、今後もクルマづくりを通じて お客様に笑顔をお届けしていきたい」と語った。

トヨタは台湾初の車両生産拠点として、1984年に国瑞を設立。1986年には『ダイナ』の生産を開始、2009年からは中近東向けの『カローラ』も生産、輸出している。