フェラーリチーム(モナコGP 2012年5月)

フェラーリのステファノ・ドメニカリ代表は、モナコGPがフェリペ・マッサにとってターニングポイントだったと指摘する。モナコGPでマッサは今年初めて予選Q3に進出し、今季ベストとなる6位フィニッシュを決めた。

ドメニカリのコメント。

「あれだけプレッシャーを受けていたフェリペ(マッサ)にとって、ウィークエンドの結果は正当な対価だよ。予選の走りも文句なしだった。Q3はもっと上手くやれたはずだという声もあるが、もっと広い目でさまざまな角度から物事を見るべきだと思う」

レース序盤はフェルナンド・アロンソがむしろマッサのペースを押さえたようにも見えたが、最初のスティントの終わり頃には引き離されてしまい、ピットストップを期待しているという。

ステファノ・ドメニカリ(F1 中国GP 2012)