ヤマハ・XVS400ドラッグスター(参考画像)《撮影 雪岡直樹》

ヤマハ発動機は29日、オートバイ『XVS400ドラッグスター』および『XVS400ドラッグスタークラシック』のジョイントコネクタに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

対象となるのは、2009年10月9日〜2012年4月27日に製作された2348台。

電気配線(メインハーネス)のジョイントコネクタの防水構造が不適切なため、配線内に入った水がエンジンコントロールユニット(ECU)や一部のセンサー・アクチュエータの端子部にまで侵入して、ECUとセンサー・アクチュエータが誤作動し、エンジンが停止して再始動できなくなる、または、速度計が誤った表示をしたり、排出ガス値が基準値を超えるおそれがある。

全車両、電気配線を対策品と交換するとともに、電気配線に接続されているECU・センサー・アクチュエーターの端子を点検し、腐食しているものは新品と交換する。

不具合発生件数は29件で、市場からの情報で発見した。現在までのところ、本件に起因すると思われる事故は起きていない。

改善箇所説明図