車載クレイドル「ドライブネットクレイドル02」と「MEDIAS TAB N-06D」の組み合わせ《撮影 椿山和雄》

NTTドコモは、30日に開幕したワイヤレスジャパン12で、タブレット端末用の車載クレイドル『ドライブネットクレイドル02』を展示した。クルマ用のGPSセンサーを搭載するなど、タブレット端末をカーナビとして活用できるクレイドルだ。

今回展示されているドライブネットクレイドル02は、既に発売されているスマートフォン向け「ドライブネットクレイドル01」と同等の性能で、5〜7インチのタブレット端末に対応された。クルマ専用のGPSレシーバーなど各種センサーを内蔵し、ダッシュボードなどへ取り付けることで、カーナビのような操作感覚を実現する。

会場では、7インチのタブレット端末『MEDIAS TAB N-06D』を使った展示が実施され、ドコモのスマートフォン・タブレット向けナビゲーションサービス『ドコモドライブネットアプリ』の操作感覚を体験することができた。

今回展示された「ドライブネットクレイドル02」は、6〜7月頃発売の予定。販売価格は1万4000円前後で検討しているという。

NTTドコモ(ワイヤレスジャパン12)《撮影 椿山和雄》 NTTドコモ(ワイヤレスジャパン12)《撮影 椿山和雄》 NTTドコモ(ワイヤレスジャパン12)《撮影 椿山和雄》 NTTドコモ(ワイヤレスジャパン12)《撮影 椿山和雄》 NTTドコモ(ワイヤレスジャパン12)《撮影 椿山和雄》 NTTドコモ(ワイヤレスジャパン12)《撮影 椿山和雄》 NTTドコモ(ワイヤレスジャパン12)《撮影 椿山和雄》 NTTドコモ(ワイヤレスジャパン12)《撮影 椿山和雄》