トヨタ自動車は30日、販売店サービススタッフの車両修理技術の向上・育成や、修理技術の研究・開発を目的として建設する新施設「多治見サービスセンター」(岐阜県多治見市)の地鎮祭を実施した。

新施設は、車両技術の高度化に対応するための修理技術の向上やサービススタッフの早期育成などを目的に建設。販売店サービススタッフの研修などを行う「研修棟」、修理技術を体得するための実走行を行う「走行確認路」などを備える。

完成は2013年7月を予定している。