28日午前4時15分ごろ、秋田県横手市内の県道を走行中の軽トラックが路外に逸脱。道路左側のブロック塀に衝突する事故が起きた。クルマは中破し、運転していた71歳の男性は収容先の病院で死亡している。

秋田県警・横手署によると、現場は横手市山内平野沢付近で片側1車線の緩やかなカーブ。軽トラックは右カーブを進行中に路外へ逸脱。道路左側にある民家のブロック塀に衝突した。

衝突によって軽トラックの運転席部分が中破。運転していた同市内に在住する71歳の男性は腹部を強打。近くの病院へ収容されたが、内臓破裂や出血性ショックが原因で約2時間後に死亡した。

現場は住宅街。警察ではハンドル操作を誤ったものとみて、事故発生の経緯を詳しく調べている。