三井化学と中国石油化工(Sinopec)は、共同出資によりEPT(エチレン・プロピレン・ジエン共重合ゴム)を製造・販売する合弁会社「上海中石化三井弾性体有限公司」(SSME)を設立したと発表した。

三井化学とSinopecは、2009年12月に「合弁事業推進のためのFS(事業化調査)に関する意向書」を締結し、共同で採算性の調査などを進めてきたが、今回、中国政府の事業認可を得て、合弁会社を設立した。

SSMEは、メタロセン触媒を用い、最新鋭のプロセスを採用した世界最大規模のEPTプラントを中国上海市・上海化学工業区へ新設する。

中国では、自動車産業の急速な拡大、および、鉄道など社会インフラの整備に伴い、EPTの大幅な需要増が見込まれている。SSMEは、拡大する中国EPT市場のニーズに対応するため、生産・供給体制の早期確立を目指す。