72万kmを走った4代目VWゴルフ

フォルクスワーゲンの主力車種、『ゴルフ』。現行型の2世代前にあたる4代目ゴルフが、英国で累計走行距離45万マイル(約72万km)という記録を達成したことが分かった。

フォルクスワーゲンが28日に発表したところによると、このゴルフは英国在住のロイ・ダイソン氏が所有する1台。ダイソン氏は2002年5月、中古のゴルフ(走行距離約9700km)を購入。夫婦で日常的な使用から週末の旅行まで、このゴルフをフル活用した結果、走行距離はみるみる伸び、購入から10年で走行72万kmを達成したという。

72万kmもの距離を走行したゴルフだが、ダイソン氏によると、オイル交換とブレーキなどの消耗部品の交換を行った程度。目立ったトラブルは1度だけで、その際はオルタネーターを交換したとのこと。

ダイソン氏は2週間に一度、愛車をピカピカに磨き上げるなど、今後もゴルフを大切に乗り続ける予定。次の目標は、走行50万マイル(約80万km)だという。

45万マイル(約72万km)を示すオドメーター