トヨタ・カローラ フィールダー 1.8S"エアロツアラー"《撮影 太宰吉崇》

5月11日、トヨタは『カローラ』をフルモデルチェンジした。ワゴンボディを持つフィールダーはアクティブな感じが出るようにデザインされているという。

「アクシオと共通のユニバーサルデザイン性能は持っていますが、フィールダーはアクティブさも高い次元で調和させました」とは、デザイン部主幹の高澤達男さんの弁。

「(そのようにデザインすることで)このクルマに乗る若い人たちが、とても使いやすくて広いし、小さくなっていても運転もしやすい、荷物もたくさん積めるというところに驚いてもらえるといいと思っています」と話す。

高澤さんがスタイリング上で工夫したところは、「ベルトラインを後ろでキックさせていることと、バックウインドウを少し傾斜して見せていることです」という。また、「実は、ベルトラインを下げたのでサイドウインドウの上下の寸法は先代モデルよりも少し大きくなっています」とも話す。

しかし、そのままウインドウを大きくすると、商用車に見えてしまう。そこで、動きを出すために、「リアクオーターウインドウ下を少しキックさせることで、実長を短く見せることが出来ます。すると、室内空間はそのままで、かつキックさせたあたりが引き締まり、前後で動きが出来るようなデザインになりました」

高澤さんは、「知恵は絞りきらないといけないと思っています。それが我々の使命だと思っていますし、そこにユーザーが共感して、ああ良いね、スタイリングが気に入ったよ、といって買ってもらえたら嬉しいです。(そのために)やり切りました」と笑った。

トヨタ・カローラ フィールダー 1.8S《撮影 太宰吉崇》 トヨタ・カローラ フィールダー 1.8S"エアロツアラー"《撮影 太宰吉崇》 トヨタ・カローラ フィールダー 1.8S《撮影 内田俊一》 トヨタ・カローラ フィールダー 1.8S《撮影 太宰吉崇》 トヨタ・カローラ フィールダー 1.8S《撮影 太宰吉崇》