メルセデスベンツ SL63 AMG

最近のAMGモデルはいい意味で、特殊な方々しか手が出ないような、恐れ多い感じが薄れたような気がします。とはいえ、おいそれと手が出せる価格ではありませんが、ユーザーの幅が広がった気がするんですよね。となると、『SL63AMG』は「アリ!」だと思うんです。

だってね、よく考えてみれば、元々オープンモデルなんだし、ここまでのパワーいらないでしょ〜という感じでしょう、フツーは。でも兼ねてから「SL55」が存在したように、やっぱりフラッグシップモデルには、いわゆる全部付きモデルがあって然りだと思うんです。

もちろんパフォーマンス的にも、アイドリングストップもするCモードから、レーススタートモードまで備えているSモードまで、なんでもござれの懐の深さ。

ただエンジンサウンドは、意外と大人しいんですよね。同様にV8ツインターボ・5.5リットルエンジンを搭載する『E63AMG』に比べてもかなり躾けられた感じ。言うまでもなくE63AMGの方が、出力もトルクも上ですけれど、もう少しいい意味で喧しくてもいいかな?なんて思ってしまいました。

裏読みするなら、もしかしたらこの一歩引いたところが、幅広い層を狙う上での策略なのかもしれませんが…。

個人的に感動したのは、オープン性能の高さです。スイッチひとつで上げ下げできる、ウインドゥディフレクターを上げれば180km/hで駆け抜けても、髪の毛が5本乱れたくらい。つまり、まったくと言っていいほど、風の巻き込みがないんです。

オープンモデルと言えば気になるボディのブルブル感も、『SLS』に続き2台目のアルミボディとなったことで、どうなったかな?と気になっていたのですが、そんなものはまるで感じさせず、快適そのもの。軽くなっていいこと尽くめという感じでしょう。

ただ、パワーステアリングのフィーリングは好みが分かれるところかも。個人的には、もう少しセンターをドッシリと、その後のビルトアップ感も欲しかったりして。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★★
インテリア/居住性:★★★★★
パワーソース:★★★★
フットワーク:★★★★
オススメ度:★★★★

竹岡圭|モータージャーナリスト・タレント
「クルマ&カーライフを楽しもう!」「クルマとエコと生活と」をモットー&テーマに、自動車専門誌を中心に、女性誌、TV、新聞、ウェブなどさまざまな媒体で、「世界中で書いて・喋って・走って」活躍する女性モータージャーナリスト。ラジオのパーソナリティ、TVのワイドショーやバラエティ番組にも出演する。インプレッションのほか、チャイルドシートやカーグッズ、クルマ旅行など、カーライフ全般を女性の視点からレポートする。国や都道府県、高速道路会社等の審議会や委員会の委員を兼任。自動車大学校の特別講師も務める。モータースポーツでは、ドライバーとして耐久レースやラリーレイドなど数々のレースに参戦する。日本自動車ジャーナリスト協会(A.J.A.J.)理事、日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員。

メルセデスベンツ SL63 AMGと竹岡圭氏 メルセデスベンツ SL63 AMG メルセデスベンツ SL63 AMG メルセデスベンツ SL63 AMG メルセデスベンツ SL63 AMG メルセデスベンツ SL63 AMG メルセデスベンツ SL63 AMG メルセデスベンツ SL63 AMG メルセデスベンツ SL63 AMG メルセデスベンツ SL63 AMG メルセデスベンツ SL63 AMG メルセデスベンツ SL63 AMG メルセデスベンツ SL63 AMG メルセデスベンツ SL63 AMG メルセデスベンツ SL63 AMG メルセデスベンツ SL63 AMG メルセデスベンツ SL63 AMG