パナソニックがタリーズなどでモバイル端末向けワイヤレス充電サービスを開始

パナソニックグループ エナジー社は、タリーズコーヒージャパンの27店舗を始めとした、7法人約90か所に、無接点充電パッド「チャージパッド」の導入を開始する。

今回導入が決まったのは、タリーズコーヒージャパン、ファミリーマート、スリーエフ、カフェ・カンパニー(WIRED CAFE)、ジャンボカラオケ広場グループ、スピードネイル、オペレーションファクトリー、の7法人で計約90か所。設置期間は、5月より順次開始し、2013年3月までの予定だとしている。

チャージパッドとは、Qi(チー)規格に対応した携帯電話やスマートフォン、モバイル電源を置くだけで、ワイヤレスで電池が充電できる、モバイル機器の新しい充電スタイルを提案する商品。ワイヤレス充電の国際標準規格団体「WPC(Wireless Power Consortium)」のQi規格に対応した同社独自のムービングコイル方式により、充電パッドの送電コイルが、充電する機器の位置を自動で検出して、移動するフリーポジショニング充電を実現する。

パナソニックがタリーズなどでモバイル端末向けワイヤレス充電サービスを開始