アウディがルマン24時間耐久レース参戦マシン、R18シリーズに採用するデジタルリアビューミラー

アウディは24日、「デジタルリアビューミラー」を開発し、2012年のルマン24時間耐久レース参戦マシン、「R18」シリーズに採用すると発表した。

このデジタルリアビューミラーは、厳しい走行環境に置かれる耐久レースにおいて、常にクリアな後方視界を得ることを目的に開発。ドライバーの疲労を軽減する狙いもある。

R18では、ルーフアンテナの後方に超小型カメラを内蔵。このカメラが捉えた映像をデジタル化して、コクピットへ送信。室内のルームミラーの位置に置かれた大型モニターに、後方視界を映し出すシステムだ。

アウディによると、クローズドボディのLMPスポーツカープロトタイプとしては、デジタルリアビューミラーの採用は世界初という。

アウディのモータースポーツ活動を統括するウォルフガング・ウルリッヒ氏は、「R18のドライバーは、まさに重労働」と述べ、デジタルリアビューミラーによるドライバーの負担軽減に期待を寄せている。

アウディがルマン24時間耐久レース参戦マシン、R18シリーズに採用するデジタルリアビューミラー アウディR18 アウディR18 アウディR18 アウディR18