トヨタ?カローラ アクシオ 1.3X"G Edition"《撮影 太宰吉崇》

フルモデルチェンジしたトヨタ『カローラ』は、ぱっと見てカローラだとわかるデザインだ。

その理由は、「真面目にクルマ創りをしているぞというオーラがあるのだと思います」とは、デザイン本部トヨタデザイン部主幹の高澤達男さん。「トヨタとしても、本当は色々な形をトライしたいところもあるのですが、(カローラは)トヨタの真面目さがものすごく出ている、そういうクルマになるべきかなと思うのです」。高澤さんが以前担当した『プリウスα』などとは全く毛色が違うクルマだともいう。新規投入のプリウスαに対し、カローラは長い歴史を持っているからだ。

そしてユーザー層は、「団塊の世代がメインにはなると思う」とし、「そういう方々は高度経済成長期に、考えつくされた新しいモノの良さに対し、とても共感していると思うのです」という。そこで、このカローラの考えつくされたユニバーサルデザインは共感してもらえるのではと話す。

しかし、「ユニバーサルデザインでも、スタイリッシュではなかったら、いらないといわれてしまうでしょう。スタイリッシュさと、取り回しのしやすさなどのユニバーサルデザインを高次元で調和することで、そういった方々の琴線にも触れるのではないかと思うのです」。

また、高澤さんは、「そういうところは、もしかしたらめちゃくちゃクルマ好きではない若い人にも、このクルマは良いじゃないかと乗ってもらえるのでは」と語る。そして、「もしそうなれば我々としてはハッピーだなと思っています」。

最後に、「他メーカーからとても素晴らしいデザインが出てきていますので、考え抜いたデザインを創らないと、トヨタ車としては今後生き延びていけないという危機感を持っているのです。我々はもっともっとやっていかなければいけないのです」とした。

トヨタ?カローラ アクシオ 1.3X"G Edition"《撮影 太宰吉崇》 トヨタ?カローラ フィールダー 1.8S《撮影 太宰吉崇》 トヨタ?カローラ フィールダー 1.8S"AEROTOURER"《撮影 太宰吉崇》 トヨタ?カローラ アクシオ 1.3X"G Edition"《撮影 太宰吉崇》 デザイン本部トヨタデザイン部主幹の高澤達男さん《撮影 内田俊一》