豊田通商、現地企業と提携して東南アジアで建機のレンタル事業に参入

豊田通商は、シンガポールの大手建設機械レンタル・販売会社シンヘン・ヘビー・マシナリーと資本提携することで合意した。

豊田通商はシンヘンの発行済み株式の26.9%を約16億6000万円で取得、シンガポールをはじめとする東南アジア地域で建設機械のレンタル・販売事業に参画する。

シンヘンはシンガポール証券取引所の上場会社で、シンガポール、マレーシア、インドネシアを中心に建設機械のレンタル・販売事業を展開する。今後、高い成長が見込まれている東南アジアの建設機械マーケットに、豊田通商のワールドワイドなネットワークと、シンヘンがもつ建設機械レンタル・販売事業ノウハウを相互に活用、建機事業の拡大を図る。将来的には日系の建設機械レンタル会社との協業も視野に入れている。

東南アジアの建設機械のレンタル市場は、経済発展によるインフラ整備事業の拡大やエネルギー需要の増大により成長が見込まれている。豊田通商は、今回の資本提携で建設機械の新車販売・レンタル・中古車販売を結びつけた循環型ビジネスを構築、建機業界でのバリューチェーンを拡大する構え。