ドルビージャパン・ドルビーデジタルプラス

ドルビージャパンは、人とくるまのテクノロジー展2012において、スマートフォンのコンテンツを5.1chサラウンドで楽しめる車載エンタテインメントを紹介した。

ドルビージャパン営業部の堀井健一郎氏は「今回ご紹介しているのはドルビーデジタルプラスという音声の圧縮技術です。欧州、中国、インドのHDテレビで採用されている音声圧縮技術で、海外のオンライン配信系動画サービスでも採用されているものです」と説明する。

また、「海外では、同じ技術をスマートフォンに入れたものとして、ノキアやモトローラ、LGといった企業から端末が発売されており、スマートフォンでダウンロードしたコンテンツを5.1chサラウンドで楽しむことが出来ます」と話す。

続けて、「コンテンツがスマートフォンに入っていますので、家の外ではヘッドフォンやスピーカーで、家ではホームシアターにつないでサラウンドを楽しむなどといったことができ、様々な機器とディスクレスでコンテンツを楽しむことができます。今回、車の中でもスマートフォンのコンテンツを5.1chサラウンドで楽しむことができるということを我々は提案しています」と話す。

国内でも、スマートフォン向け映像配信サービスが開始され映像コンテンツをスマートフォンで楽しむといった機会が増えることが想定されるが、同社では同技術の国内導入に向けて、コンテンツ配信業者や端末メーカーに採用を働きかけるという。

端末側の対応としては、ネイティプで対応する方法や、アプリの中に組み入れるといった方法があるというが、堀井氏は「我々が最終的に目指しているのは、端末のプラットフォームの方で対応してもらうことであり、端末メーカー、コンテンツ配信業者の方々とお話をさせて頂いている状況です」と話した。

端末を使ったデモンストレーション 端末を使ったデモンストレーション