アルピーヌ A110のデビュー50周年を記念したコンセプトカー、ルノー アルピーヌ A110‐50

ルノーは25日、モナコにおいて、コンセプトカーのアルピーヌ『A110‐50』を初公開した。名車、アルピーヌ『A110』のデビュー50周年を記念して製作された、同車の復刻コンセプトカーだ。

アルピーヌ社は1956年、フランスに設立。当初はルノー車を改造してモータースポーツに参戦していた。1962年に発表したアルピーヌA110がラリーで大活躍し、アルピーヌの名は一躍有名に。1973年にはルノーの傘下に入り、現在は「ルノースポール」各車を生産している。

アルピーヌA110‐50は、このA110を現代に甦らせた復刻コンセプトカー。ルノー『メガーヌ』の高性能モデル、『メガーヌ トロフィー』の車台をベースに、2010年秋のパリモーターショー10に出品されたコンセプトカー、『ドゥジール』(DeZir)に似たボディを組み合わせた。

アルピーヌA110‐50のホイールベースは2625mm。これは、メガーヌ トロフィーと同一だ。トレッドはフロントが1680mm、リアが1690mmと、メガーヌ トロフィーから若干拡大。カーボンファイバーを使用したボディは、重量880kgと軽量に仕上げられる。

ミッドシップに搭載されるのは、日産製をルーツとする3.5リットルV型6気筒ガソリンエンジン。専用チューニングによって、最大出力400ps/7200rpm、最大トルク43kgm/6200rpmを獲得する。エンジンへの空気の取り込みは、ルーフ上のエアインテークから行う。

トランスミッションは、F1技術を応用した6速シーケンシャル。前後重量配分は47.8対52.2と理想的なバランスが追求された。ディフューザーや大型リアウイング、ザックス製ダンパー、大容量ブレーキ、ロールケージ、サベルト製バケットシート&フルハーネスなど、サーキット走行を前提とした装備が盛り込まれている。

アルピーヌ A110のデビュー50周年を記念したコンセプトカー、ルノー アルピーヌ A110‐50 アルピーヌ A110のデビュー50周年を記念したコンセプトカー、ルノー アルピーヌ A110‐50 アルピーヌ A110のデビュー50周年を記念したコンセプトカー、ルノー アルピーヌ A110‐50 アルピーヌ A110のデビュー50周年を記念したコンセプトカー、ルノー アルピーヌ A110‐50 アルピーヌ A110のデビュー50周年を記念したコンセプトカー、ルノー アルピーヌ A110‐50 アルピーヌ A110のデビュー50周年を記念したコンセプトカー、ルノー アルピーヌ A110‐50 アルピーヌ A110のデビュー50周年を記念したコンセプトカー、ルノー アルピーヌ A110‐50 アルピーヌ A110のデビュー50周年を記念したコンセプトカー、ルノー アルピーヌ A110‐50 アルピーヌ A110のデビュー50周年を記念したコンセプトカー、ルノー アルピーヌ A110‐50