事故 イメージ

愛知県警は23日、愛知県名古屋市中区内で、自転車への乗車中に携帯電話を使用していたとして、35歳と27歳の女を道路交通法違反(携帯電話使用)容疑で検挙した。罰金刑の対象で、近く書類送検するという。

愛知県警・中署によると、2人の女は23日午後、名古屋市中区栄3丁目付近の市道で、携帯電話で通話しながら自転車に乗車した疑いがもたれている。

パトロール中の同署員が発見。数回に渡って電話を切るように命じたが、これを無視して通話を続けたことから摘発した。

愛知県では今年4月に県の道交法施行細則を改正。自転車乗車中に携帯電話を使用したり、イヤフォンで音楽を聞くことを罰則付きで禁止。今回は警官による再三の指示を無視したことから「悪質」とみなし、改正法施行してから初の検挙となった。

違反の場合、5万円以下の罰金が科せられることになるが、調べに対して2人は「電話をかける用事があった」などと供述しているようだ。