ニッケは、7月1日施行予定の「再生可能エネルギーの固定価格買取制度」を活用した電力販売事業に参入すると発表した。

同社は、所有する兵庫県のニッケゴルフ倶楽部土山コース内に太陽光発電施設を建設する。計画敷地面積は約15万平米、パネル総出力は約9800kw、発電量は9537Mwh/年、CO2削減量は2966t/年。当初投資額は約30億円を予定している。

同社では、電力販売事業に参入することにより、保有不動産の有効活用と、再生可能エネルギー関連の環境事業への展開を図る。