ブリヂストンは25日、効率的な生産体制を構築するため、タイヤ生産に使用されるタイヤ金型の生産拠点を再編すると発表した。

短納期対応を要する金型の生産、及び技術情報の発信については国内拠点に特化し、それ以外の金型についてはタイ、中国などの内・外製拠点から調達することで、競争力の強化を図る。

具体的な施策としては、東京工場でのタイヤ金型の生産を久留米工場に集約し、生産効率の向上をめざす。拠点の集約は2012年7月より開始し、2013年6月までに完了する予定。

また、同社グループ会社の日本モールド工業については、東京工場での生産を同社下関工場に集約し、建設・鉱山車両用タイヤ用の金型の生産に特化する。併せて、東京都東大和市にある同本社を山口県下関市に移転する。拠点の集約は2012年7月より開始し、2013年4月までに完了する予定。