東北電力 仙台太陽光発電所

東北電力は25日、同社2地点目のメガソーラー発電所となる仙台太陽光発電所の営業運転を開始した。

同社は、低炭素社会実現に向けた取り組みの一環として、同社管内の複数地点において、2020年度までに合計1万kW程度のメガソーラー発電所を建設する計画を進めている。

仙台太陽光発電所は、2011年2月に経済産業省に対し電気事業法に基づく工事計画の届出を行い、仙台火力発電所の構内に建設。その後、東日本大震災による津波被害により工事が中断したが、昨年8月に工事を再開し、本日営業運転開始となった。

仙台太陽光発電所は、一般家庭約600世帯分の年間使用電力量に相当する約210万kWh/年を発電。CO2排出量は、年間約1000トン低減することができる。