700T型電車

川崎重工業と東芝は、台湾高速鉄路(台湾高鉄)から高速鉄道車両4編成48両を共同で受注したと発表した。

今回の契約では、プロジェクト全体の統括、車体および台車の設計、製造を川崎重工が行い、電気機器、空調、車上無線システムの設計、供給を東芝が行う。最初の編成の納入は2012年12月を予定しており、以降、2015年11月にかけて順次納入する予定。

台湾高鉄は、2007年1月の営業運転開始以来、乗客数が増加しており、それに伴い列車本数を増発。さらに、2015年に開通を予定している台北駅〜南港駅間(5.7km)の路線延長などに対応するため、車両を導入する。

川崎重工と東芝は、2000年12月に台湾高速鉄道機電システムプロジェクトを受注した「台湾新幹線」の日本連合メンバーとして、700T型車両360両の設計、供給を担当。700T型電車は、東海道・山陽新幹線で運行している700系新幹線電車をベースに台湾高鉄向けに設計変更をしたもので、高速鉄道として日本で初めて海外輸出した車両となる。

今回の受注は、700T型電車と同型式の発注であり、開業以来同型式電車の安定した運行実績および信頼性が評価され、今回の受注に至った。

台湾高速鉄道のウェブサイト。日本語にも対応している