トヨタ新興国取り組み説明会≪撮影 小松哲也≫

トヨタ自動車の布野幸利副社長は25日の記者会見とその後の記者団の取材に対し、新興諸国への商品投入について「トヨタとしては、50万円クラスのクルマは手掛けない」との方針を示した。

布野副社長は同日、新興国での専用コンパクトカーをインドの『エティオス』を含み計8モデルに拡充、2015年をめどに世界で年100万台販売する計画を発表した。

これらのモデルの価格は国によって異なるものの、おおむね「100万円前後」になる見通し。布野副社長は「それより下の、たとえば50万円クラスは(8モデルには)入っていない」とし、今後も廉価版のエントリーカーは手掛けないと明言した。

布野副社長は廉価車に参入しない理由として「われわれの強いところで現地(の顧客や経済)に貢献していきたい」と話した。また、廉価モデルについては「持論」としたうえで「新興国だからといって、安いクルマを出せばヒットするという考えは誤り。(所有者やその家族が)ワクワクドキドキするクルマでないとだめだ」と強調した。

トヨタ自動車・布野幸利副社長≪撮影 小松哲也≫