トヨタ・エティオス

トヨタ自動車のインドにおける製造・販売事業体であるトヨタ・キルロスカ・モーター(TKM)は、『エティオス』シリーズのインド国内での累計販売が5月22日に10万台に達したと発表した。

エティオスシリーズは2010年12月に「エティオスセダン」を発売したのを皮切りに、2011年6月にハッチバックの「エティオス リーバ」、同年9月に「エティオス」と「エティオス リーバ」のディーゼル車を発売。シリーズ販売開始から約1年5か月での10万台達成となった。エティオスシリーズの同年1-4月の累計販売は、前年同期比160%増の約2万8500台。

10万台達成にあたり、TKMの中川宏社長は、「エティオスシリーズが多くのインドのお客様に喜んでいただけるクルマに成長し、非常に嬉しく思っている。今後もインドの皆様と一緒に、よりよいクルマづくりに取り組んでいきたい」と語った。

トヨタ・エティオス リーバ トヨタ・エティオス(2012年1月、デリーモーターショー12)《撮影 土屋篤司》 トヨタ・エティオス(デリーモーターショー12)《撮影 土屋篤司》 トヨタ・エティオスレーサー(デリーモーターショー12) トヨタ・エティオスレーサー(デリーモーターショー12)